北海道稚内高等学校 沿革

旧制中学校

大正12年  3月  文部省告示第111号を以って北海道庁立稚内中学校の設置許可
大正12年  4月  仮校舎を稚内小学校として開校
大正12年11月  校舎竣工
大正13年  1月  本校舎が宝来通5丁目に落成し移転
大正13年  4月  開港記念日を4月25日と定める
大正13年10月  屋体竣工
昭和  4年  4月  学校植林地交付
昭和  5年  2月  寄宿舎設置
昭和23年  4月  学制改革により北海道立稚内高等学校となる
昭和23年10月  定時制課程併置(普通科、水産科)


旧制女学校

大正12年  3月  文部省告示第270号を以って北海道稚内町立実科高等女学校の設置許可
大正12年  4月  仮校舎を稚内小学校として開校
大正14年  4月  補習科設置
昭和  2年  3月  補習科廃止
昭和  2年  7月  仮校舎を稚内北小学校に移転
昭和12年12月  本校舎落成式移転(稚内市タナシベ791)
昭和13年  4月  北海道庁立稚内高等女学校と改称
昭和17年  3月  寄宿舎設置
昭和19年10月  附属看護婦養成所開設
昭和20年12月  附属看護婦養成所廃止

統合以降(昭和25年4月以降)

昭和25年  4月  北海道立稚内高等学校と稚内女子高等学校が合併し北海道稚内高等学校となる
         男女共学、定時制併置、許可学級1年7学級、2年6学級、3年5学級、計18学級
         定時制分校設置(豊富町、中頓別町、浜頓別町)
昭和26年  4月  商業科設置、定時制分校独立
昭和28年  4月  北海道稚内商業高校の設置にともなって、商業科廃止となる
昭和31年  4月  全日制課程の学級増加(間口6学級、計18学級)
昭和32年  4月  北海道有朋高等学校協力校に指定
昭和35年  4月  全日制課程の学級増加(間口7学級 計21学級)
昭和37年11月  新校舎完成、男女寄宿舎落成
昭和38年  7月  新校舎落成、創立40周年記念行事
昭和40年  4月  定時制課程学級増加
昭和41年  4月  全日制課程に衛生看護科1学級増加、普通科1学級減
昭和42年12月  衛生看護科実習室完成
昭和43年12月  女子寄宿舎、衛生看護科実習室落成
昭和44年  8月  記念館落成
昭和47年  4月  普通科18学級、衛生看護科3学級、定時制4学級
昭和48年  9月  創立50周年記念行事
昭和52年12月  礼文分校開校許可
昭和53年11月  柔剣道場落成
昭和55年  4月  礼文分校独立
昭和58年  9月  創立60周年記念行事
昭和59年  3月  新学校教育目標制定
昭和60年  7月  LL教室設置
平成元年  6月  パソコン教室設置
平成  2年  4月  男女制服改訂
平成  3年  5月  校舎改築第1期工事開始
平成  4年  3月  校舎改築第1期工事竣工
平成  4年  5月  校舎改築第2期工事開始
平成  5年  3月  校舎改築第2期工事竣工
平成  5年  4月  看護専攻科開設
平成  5年  4月  校舎改築第3期工事開始
平成  5年12月  校舎改築第3期工事竣工
平成  6年10月  創立70周年記念行事
平成  6年12月  野外競技用多目的練習場竣工、竣工式、こけら落とし(協賛会)
平成  6年12月  新校舎改築外構工事竣工(1工区)措置、テニスコート、駐車場等
平成  6年12月  校舎改築前庭舗装工事、校舎前管理用通路舗装
        (本校校舎改築、平成3年5月着工以来4ヶ年間にわたる施行により平成6年12月20日をもって全て竣工する)
平成  9年  3月  新女子寄宿舎竣工
平成12年  3月  在宅看護実習室改修工事竣工
平成12年  4月  2学期制採用
平成14年  4月  衛生看護科・専攻科看護科5年一貫教育開始
平成15年11月  創立80周年記念行事、トレーニング室設置
平成21年  4月  地域キャンパス校・センター校連携事業開始
平成23年  4月  商業科を1学級設置し、商工高校との統合を開始 それとともに、新たな学校教育目標を定める
平成24年  3月  商業科棟竣工
平成25年10月  創立90周年記念行事
平成31年  4月  全日制普通科・商業科単位制導入