学校長挨拶

  ご 挨 拶
                                                                                                                               校 長 蓮 見 知 之

○『稚内だから』なんて言わせない 学校づくりの推進
○「夢」の確実な実現=北斗の星の指すところ
○「入れる学校」から「入りたい学校」(魅力ある学校)へ
○『わっかない人(びと)』づくりをチームスローガンにして

 北海道稚内高等学校のホームページにアクセスいただきありがとうございます。

☆ 地域に期待される学校として ☆
 本校は、1923年(大正12年)に北海道庁立稚内中学校として開校し、令和5年、2023年には節目となる創立百周年を迎える歴史と伝統のある宗谷管内の中心校です。昭和25年に北海道立稚内高等学校と稚内女子高等学校が合併し北海道稚内高等学校への校名改称や、衛生看護科の設置、北海道稚内商工高等学校との統合に伴う商業科の設置など幾多の変遷を重ねて今に至っています。
 これまで国内外で活躍する多くの優れた人材を輩出しており、卒業生の数は1万9千人を超えております。
 
☆ 一つ屋根の下で 北斗の星を目指す☆
 現在、全日制:普通科・商業科・衛生看護科・専攻看護科、定時制:普通科、さらには豊富高校の地域連携協力校、有朋高校通信制の協力校として、フル活動で生徒が活躍しております。一つの高校で多くの学科を抱える中、生徒たちは品性や礼儀をわきまえ、より賢く、より強く、より美しくなるべく自らに磨きをかけ、校訓『誠実 勤勉 和協』の精神のもと、勉学や実習等に励むとともに学校行事や部活動等にも全力で取組んでおります。
☆「夢」の確実な実現 Dreams come true と Step by Step 一歩一歩着実に ☆
 今、生徒たちには、次代を担う有為な人材として受け身の姿勢ではなく、自身が進んで学び続ける意欲を確実に身につけて欲しいと考えています。
 本校では、令和元年度より普通科と商業科に単位制を導入し、令和3年度は完成年となります。単位制の特性を活かした幅広い科目を設定し、一人ひとりに合った学びの選択を行ない、主体的な学習や少人数指導、習熟度熱指導等によるきめ細かな指導や系統的なキャリア教育指導を行うことで生徒の「夢」を確実に実現できる学校として頑張っております。
 ◎普通科:国公立、難関大学への進学を実現します
 ◎商業科:即戦力となる人を育てます
 ◎衛生看護科
  専攻科看護科:5年一貫教育で地域に根ざし、地域医療を支える人を育てます
 
☆稚内ブランド『わっかない人(びと)』づくりと社会人基礎力の育成☆
 本校では、持続可能な国際社会、地域社会の創造に貢献できる人材を育成していきます。つまり、グローバル(地球規模)に物事を考える視点を持ち、その視点を活かしてローカル稚内の地域経済や地域社会に貢献できるリーダーを育成します。また、ローカル稚内を愛しつつ広い視野に立ってグローバル社会で活躍できる人を育成します。さらに、社会人なら基礎的に備えておく必要のある能力=社会人基礎力(アクション・シンキング・チームワーク)を育成します。
 本校は、稚内ブランド『わっかない人(びと)』づくりに全力で取組みます。
 今後とも、保護者や地域の皆様方と緊密な連携を図りながら、教職員一丸となって、これからの社会の変化を見据えて新しいものを取り入れながらも、本校の良き伝統を守り、「入りたい学校」(魅力のある学校)となるよう、更なる躍進を目指してまいります。
 引き続き、ご理解と、ご協力、ご支援を賜りますようお願いいたします。