学校教育目標等

学校教育目標
・大きな志と自ら律する心をもち、自己の能力を向上させる生徒の育成
・未来を拓く知性と逞しさをもち、社会の発展に貢献できる人材の育成
・汎く深い思いやりと節度をもち、健やかで心豊かに生きる人間の育成


1 重点目標
「『稚内だから』なんて言わせない」学校づくり
~地域課題の解決に果敢に挑戦する次代を担う人材「わっかない人(びと)」の育成~
「北斗の星の指すところ(校歌冒頭一節)」の明確化
 ・普通科「地域が期待する選抜制の高い大学への進学を確実に実現する」
 ・商業科「即戦力となる人を育てる」
 ・衛生看護科・専攻科看護科「5年一貫教育により最短で地域医療を支える看護師を育てる」


2 経営方針
・本校の使命の自覚とグローカルな人材育成、その先にある夢の実現「Dream come true」
・「入れる学校」から「入りたい学校」へシフト(稚高の魅力化=普通科・商業科・衛生看護科)
・社会人基礎力の育成(アクション・シンキング・チームワーク)=基盤・基礎
・単位制完成年度としての取組 Step by Step 一歩一歩、着実に
                             校内体制・学習指導・生徒指導の充実
(1) 学校課題の明確化及び課題解決に向けた組織的・効率的校務の推進[チーム学校]
(2) 生徒の実態や地域の現状等を踏まえた「社会に開かれた教育課程」の編成・実施・評価・改善を図る「CAP-D」サイクルの確立[カリキュラム・マネジメント]
(3) 保護者や地域、異校種との連携(稚内キャリアデザイン、高大・高専連携)による教育活動の推進[ネットワーク]
(4) 質の高い学びの保障と教育(ICT)環境整備の充実
(5) 服務規律の保持及び「北海道アクションプラン」に基づく働き方改革の推進

3 教育課程編成の方針

(1)   単位制を生かし、各学科・各教科横断的視点に立った弾力的な教育課程の編成・実施。
(2)   「稚内学」と「総合的な探究の時間」を軸とした教科横断型「探究学習」の推進。
(3)   進路希望に応じた学習指導の工夫により確実に進路実現できる学力を身に付けさせる。
(4)    基礎的・基本的学習事項の定着と、思考力・判断力・表現力等の向上。

4 指導上の重点事項

学習指導
(1) 「主体的、対話的で深い学び」の実践、研究を進め、知識・技能の定着と思考力・判断力・表現力等を身に付けさせる。
(2) 高大接続改革による学習の質を高める授業改善やICTを活用した指導法の研究を推進する。
(3) 「学習のレシピ」の工夫改善を図り、学習の意義や方法について理解を促し、家庭学習を充実させ実践力を身に付けさせる。

生徒指導
(1) 常に自己を高めようとする意識を持ち、人権意識や社会性を身に付けさせる。
(2) 生徒会活動等、特別活動及び部活動の活発化を図り、自主的に活動できる集団を育成する。
(3) 教育相談体制の改善充実を図り、生徒一人一人の状況を適切に把握し問題の未然防止に努める。
(4) 「稚内高校いじめ防止基本方針」を周知し、いじめ未然防止・早期発見・早期解決の徹底を図る。

進路指導
(1) 稚内キャリアデザイン推進中心校として「今の自分を未来の自分へつなぐ道しるべ」の構築を図り、キャリア教育の推進及び各学科に即した進路指導体制の改善充実に努める。
(2) 進路情報の積極的な収集と情報提供を推進し、生徒・保護者が有効に活用できるよう努める。
(3) 地域や異校種、関係機関等との連携を密にし、生徒に社会性を身に付けさせる進路学習の充実に努める。

健康・安全指導    
(1) 健全な生活習慣の定着と運動に親しむ態度を育成する。
(2) 学習環境の保全や整備に、積極的に取り組む態度を育成する。
(3) 自己と他者の命と、人権を大切にする意識を育成するとともに、安全の確保及び事故防止への啓発に努める。
(4) コンプライアンスを確立するとともに、メンタルヘルス事業の計画的推進、教職員研修 会を実施し、健全・健康な職場づくりを目指す。